産後の体質変化に悩まされる日々

長女を出産後、肌荒れと産後太りに悩まされています。
冬でもないのに身体全体が乾燥してしまい痒みが続き、保湿効果の高いボディークリームを朝晩塗る事は欠かせません。
元々が敏感肌なので、合わないクリームを塗ってしまうと湿疹が出てしまうことがあり本当に大変な思いをしました。
今は無添加のボディークリームを見つけて塗っています。
産後太りは、慣れない育児と生活リズムの乱れで食欲が増加してしまいどんどん太って妊娠前より5kgも太ってしまいました。
毎日ストレッチや子供を連れてのウォーキングは欠かせませんが、なかなか痩せられないのが現状です。
現在肌荒れと産後太り共に、食生活の改善を行っています。
美容にもダイエットにも良いとされる“チアシード”“タイガーナッツ”を毎日摂るようにしています。
すぐに成果が出るとは思っていませんが、気長に続けようと思っています。
それと合わせて、食生活の改善・運動量を増やすことをして少しでも主人や子供に素敵なママだねと言われるように頑張ろうと思います!
オーラクリスターゼロ

生理前の食欲の暴走だけは止められない…

普段は1日の摂取カロリーをざっくりと頭の中で計算したり,主食は控える,夜9時以降は食べない,など体重維持のためのちょっとした心がけを続けられるのですが,生理前のおよそ1週間だけは,どうしても食欲が抑えられません。
しかも,チョコレートやスナック菓子,菓子パンなど明らかにカロリーが高い上,胃腸やお肌にも悪そうなものばかり食べたくなってしまいます。「どうせダイエットの効果も出にくい時期だし,生理が終わったらまた頑張ればいいや…」と勝手に自分自身を甘やかし,夜中,やっと子供が寝てくれた頃にお菓子をポリポリと…
年齢が上がるにつれて翌朝の胃の重さや口の中の気持ち悪さはひどくなる一方だし,体重にもあっという間に反映されてしまう(しかも戻すのが年々大変に…)のですが,食べたいものを食べている時の幸福感に毎回負けてしまいます。
でも,その期間を過ぎればパッタリとこってり系の食べ物が欲しくなくなるのも,これまた不思議です。”

生理周期であごニキビに悩みます

私は30代前半の主婦ですが、生理の周期によって必ずあごにできる大きく赤いニキビには悩まされています。
私がニキビの悩むのはいつも生理前の1週間とそれより2週間ほど前の排卵日の頃。
同じようにケアしていてもこの時期になると肌が脂っぽくなって、
朝目覚めると大きな赤ニキビができているといった感じです。

あごのニキビは治りにくく跡になりやすいのが最大の悩みです。
ニキビができると継続してニキビ治療薬を塗布していますが、
どんなにこまめに塗っても一定期間経過しないと治りませんし、
気になって触ったり潰したりしようものなら、ますます治りにくく、治っても黒っぽく跡になって残ってしまいます。
またあごのニキビの上にファンデーションなどを塗り重ねるのも躊躇されるので、
メイクも思うように楽しめない状況が続きます。

そんな私ですが、生理前のPMS症状対策としてサプリメントを最近服用しているのですが、
それが功を奏したのかニキビができにくくなったように思います。
こまめな洗顔や化粧水をニキビ肌専用のさっぱりしたものに変えたこともよかったのかもしれません。

足の匂いを消すことができません

私は、足の臭いについていつも悩んでいました。それは、仕事をしたあとに、飲み会などに出かけて座敷にあがろうとした時、靴の脱いだ瞬間に、自分でも気づくぐらいの足の匂いがあったからです。そのことに気づいてからは、足の匂いを消すことができる、スプレーを購入して対処をすることにしました。
しかし、その臭いについては、根本的に解決できる方法ではないので、スプレーをつけた瞬間はいいのですが、
また臭ってくるのではないかという、不安をいつも持っていました。
また、私の友人も同じように足の臭いについて気にしていましたが、その友人の場合は、いつも足だけシャワーを使って流しているという解決策をとっていました。そのように、足の汚れまで一気に流すことができれば、いいと思ったのです。
しかし、私の場合は、出かける時にそのような時間がないので、解決する事ができずにいます。
なんとか根本的に匂いをシャットアウトできるものを見つけたいと思っています。
コフレア